新海監督、拍手に「幸せ」 「すずめ」公式上映で

第73回ベルリン国際映画祭の公式上映に出席し、レッドカーペットを歩く新海誠監督(中央右)と声優を務めた原菜乃華さん(同左)=23日、ベルリン(共同)

 【ベルリン共同】ドイツで開催中の第73回ベルリン国際映画祭で、主要賞を競うアニメ映画「すずめの戸締まり」が23日、公式上映された。上映後、盛大な拍手の中で登壇した新海誠監督は「どんなに大きな災害があっても、人は笑いながら成長していく。たくさん笑いながら見ていただいて幸せでした」と手応えを感じた様子で話した。

 上映中は何度も笑いが起き、終了後に新海監督が劇中に登場する東日本大震災の被災状況を説明すると、観客は真剣に聞き入っていた。新海監督は報道陣に「僕は(大震災が起きた)3月11日という日付を一緒にベルリンに持ってきたつもり」と上映の意義を語った。

© 一般社団法人共同通信社