馬奈木弁護士、依頼者にセクハラ 性的関係迫る、ネット公表・謝罪

馬奈木厳太郎弁護士

 東京電力福島第1原発事故で避難した住民らによる集団訴訟の原告側代理人として知られ、演劇界などのハラスメント被害をなくす活動をしてきた馬奈木厳太郎弁護士(第二東京弁護士会)が1日、裁判の依頼者に性的関係を迫るなどのセクハラを続けていたことをインターネット上の文書で公表し、謝罪した。

 文書によると、依頼者とは数年来の知り合いで、プライベートでも頻繁に連絡を取り合っていた。好意を抱き、相手も好意を寄せていると思い込み、体に触れたり、性的関係を誘うメッセージを送ったりした。拒まれても関係を迫る言動を続け、依頼を受けていた裁判の対応にまで言及し、追い込んだとしている。

© 一般社団法人共同通信社