「闇リスト」に載り詐欺に遭った 福島・南相馬の強盗被害者

 福島県南相馬市の住宅で星邦康さん(77)と妻が男らに棒状の物で頭を殴られるなどし、金品を奪われた強盗殺人未遂事件で、妻は2日、県警を通じてコメントを公表し、犯罪グループが標的を記したとみられる「闇リスト」にかつて星さんの名前が載り、実際に詐欺被害に遭っていたと明らかにした。

 捜査関係者によると、リストは警察当局の過去の捜査で押収。県警は2011年の東日本大震災の前後、星さん方に防犯を呼びかけたという。県警は、強盗殺人未遂容疑で逮捕された東京都内の男らが「闇バイト」に応募し、今回の事件を起こした可能性もあるとみて調べる。

© 一般社団法人共同通信社