スクエニ、10年ぶり社長交代 6月に桐生取締役が昇格

桐生隆司氏

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは3日、松田洋祐社長(59)が退任し、後任に桐生隆司取締役(47)が昇格する人事を発表した。6月に開催予定の株主総会を経て就任する。社長交代は2013年6月以来、10年ぶり。開発中の作品への影響はないという。

 東京都内で記者会見した桐生氏は「変化を恐れず、新たなコンテンツ作りに挑戦する」と意気込みを語った。

 同社は「事業環境が急速に変化する中、さらなる優れたエンターテインメントを届けることを目指し、経営体制の一新を図る」と説明している。

スクウェア・エニックス・ホールディングスの社長に就く桐生隆司取締役(左)と、退任する松田洋祐社長=3日午後、東京都新宿区

© 一般社団法人共同通信社