スノボ長谷川「成長できた年」 ビッグエア、17歳で世界王者

取材に応じる長谷川帝勝=5日、バクリアニ(共同)

 【バクリアニ(ジョージア)共同】4日に閉幕したスノーボード世界選手権のビッグエアの男子で、男女を通じて日本勢初の金メダルを獲得した17歳の長谷川帝勝(STANCER)が5日、会場となったジョージアのバクリアニで取材に応じ「普段通りだが、少し実感は湧いてきた。昨季と比べて、すごく成長できた年になっている」と手応えを口にした。

 4歳で板を履き始め、サッカーとの両立から小学5年でスノーボードに専念。「誰よりも滑ってやろうという気持ちが原動力」と努力を積み重ねた。

© 一般社団法人共同通信社