ごみから1千万円「私かも」続々 札幌の処理施設で、相談13件

札幌市で見つかった1000万円について北海道警に寄せられた相談の例

 札幌市で1月、回収されたごみの中から現金1千万円が見つかった。届け出を受けた札幌・北署が2月下旬に情報提供を呼びかけたところ「自分のものではないか」などの相談が8日昼までに13件寄せられた。署は調査を進めているが落とし主の特定には至っていない。

 署によると現金は1月30日、北区のごみ処理施設で「雑がみ」の中から見つかった。回収されたのは西区か手稲区と判明したが所有者が分からず、2月21日に報道機関を通じて特定につながる情報の提供を求めた。

 13件の相談のうち9件で遺失届が出されたが、証拠が足りず経緯は不明なままだ。

 札幌市によると、現金を発見したのは市の委託業者のため、発見から3カ月後の4月30日までに特定されなければ、所有権は市に移る。

© 一般社団法人共同通信社