旅行支援、大型連休は除外 4月以降も継続の地域

 観光庁は9日、全国旅行支援を4月以降も継続する地域に関し、4月下旬から5月上旬の大型連休中は適用対象外にする方針を明らかにした。多客期で支援がなくても旅行需要があるため。これまで、国が配分した予算を使い切った都道府県から終了するが、残額があれば4月以降も支援を継続できると発表していた。地域によっては夏ごろまで割引が続くことも想定されるという。

 4月以降の割引商品は都道府県や事業者の準備が整い次第、売り出される予定。観光庁は、発売前に予約を済ませた場合は割引の対象外とする方向で検討している。

© 一般社団法人共同通信社