オフィス空室率、2カ月連続改善 2月の東京都心5区

 オフィス仲介大手の三鬼商事が9日発表した2月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス平均空室率は前月比0.11ポイント低下の6.15%となり、2カ月連続の改善となった。新築ビルの成約が好調だった。既存ビルでもオフィスの拡張移転による成約が見られた。

 千代田、中央、新宿、渋谷の4区では、新築ビルが満室で完成するなど、全体的に中小規模の成約が進み改善した。一方、港区はオフィス縮小による解約の動きが出て悪化した。

 大阪地区の空室率は0.12ポイント上昇の5.09%、名古屋地区は0.04ポイント低下の5.48%だった。

© 一般社団法人共同通信社