蓮池薫さん、新潟で中高生に講演 拉致問題「声上げ続けて」

新潟市の新潟明訓中学・高校で生徒らに講演する蓮池薫さん=14日午後

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(65)が14日、新潟明訓中学校・高校(新潟市江南区)で生徒らに講演し、北朝鮮での過酷な生活などに言及、蓮池さんらが帰国した2002年以来帰国者がいないことや、拉致被害者とその家族の高齢化が進んでいることを指摘し「拉致解決には今しかない」「誰かが声を上げ続けることは絶対に必要」と訴えた。

 蓮池さんは、北朝鮮の拉致の手法や実際に自らが拉致されたときの状況などを説明。「拉致問題はいつまでも引っ張っていい話ではない」と語りかける姿に、中高生は懸命にメモを取るなどして聞き入り、積極的に質問をしていた。

© 一般社団法人共同通信社