山田と工藤が初優勝 スノボ全日本ハーフパイプ

男子決勝2回目を終え、ガッツポーズする山田琉聖=青森スプリング・スキーリゾート

 スノーボードの全日本選手権ハーフパイプ最終日は19日、青森県鰺ケ沢町の青森スプリング・スキーリゾートで決勝が行われ、男子は16歳の山田琉聖(クルーズ)が94.50点で初優勝した。平野海祝(TOKIOインカラミ)が91.20点で2位、重野秀一郎(バートン)が86.50点で3位。2連覇を狙った平野流佳(太成学院大)は64.50点で10位だった。

 女子はともに13歳の工藤璃星(ホクトスポーツ)が91.50点で初優勝を飾り、清水さら(ヤマゼンロックザキッズ)は87.50点で2位に入った。

女子で優勝した工藤璃星=青森スプリング・スキーリゾート

© 一般社団法人共同通信社