高市氏、「質問するな」発言撤回 放送法文書巡り、謝罪要求は拒否

参院予算委で答弁する高市経済安保相=20日午前

 高市早苗経済安全保障担当相は20日午後の参院予算委員会で、放送法の行政文書を巡って立憲民主党議員に「私の答弁が信用できないなら、もう質問しないでほしい」とした15日の発言を一転して撤回した。謝罪要求は事実上拒否した。午前の質疑では野党の謝罪、撤回要求に応じていなかった。

 末松信介予算委員長(自民党)は「発言は誠に遺憾だ。質問に真摯に答えていただきたい」と高市氏に注意。高市氏は「重く受け止める」と語った。

 立民の小西洋之氏は午前の予算委で「謝罪、撤回する考えがあるかどうか明確に答弁してほしい」と求めた。高市氏は「答弁を拒否していると受け止められ、国会審議に迷惑をかけることは本意ではない」などと述べるにとどめていた。

 末松氏は高市氏に対し「国会議員の質問権をやゆしたり、否定したりするのは大きな間違いだ」と厳しく指摘。小西氏に先立って質問した自民の広瀬めぐみ氏も「遺憾と申し上げざるを得ない」と苦言を呈した。

© 一般社団法人共同通信社