トヨタ、歩道用の電動三輪車発売 着座で移動、狭い場所も

トヨタ自動車が発売した電動三輪車「シーウォークエス」

 トヨタ自動車は20日、歩道での移動をアシストする電動三輪車「シーウォークエス」を発売した。座って乗るタイプで、狭い場所でも小回りが利くのが特長。日常生活で長距離、長時間の歩行が難しい人をサポートする。トヨタ車の販売店などで購入できる。

 1人乗りで高さ103センチ、重さ58キロ。ステップの高さ13センチで、乗り降りがしやすい。最高速度は時速6キロ。座席下のスペースには買い物かごを収納できる。

 リチウムイオン電池を搭載、連続で約12キロ走行可能。フル充電まで約2時間半かかる。希望小売価格は、前方の人や障害物を検知して減速する機能付き50万5千円、付いていないタイプ49万8千円。

トヨタ自動車が発売した電動三輪車「シーウォークエス」

© 一般社団法人共同通信社