徳島市議会、市議2人刑事告発へ 百条委で「虚偽証言」の疑い

市議2人を地方自治法違反容疑で地検に刑事告発する議案の投票をする議員たち=20日午後、徳島市議会

 徳島市議会は20日、調査特別委員会(百条委員会)で虚偽証言をしたとして地方自治法違反容疑で、山本武生、加戸悟の両市議を徳島地検に刑事告発する議案を賛成多数で可決した。百条委は両市議らが市職員に不当な要望をした疑いを調査。証人喚問で両市議と職員の証言が食い違い、両市議が偽証したと判断した。

 議案によると、山本市議は、特定の保育所認可を保健福祉部長らに要望したことを巡り「私から認可せえと言う必要はない」などと事実を否定したとしている。加戸市議は、市税滞納者の差し押さえを「取り消せ。首切ったる」と税務事務所長らに発言したことに関し「言うわけない」などと偽証したとしている。

© 一般社団法人共同通信社