自民、小中校の給食無償化を提言 31日決定たたき台に反映へ

自民党の少子化対策に関する提言を小倉こども政策相(中央左)に提出する木原稔元首相補佐官(同右)ら=29日午後、東京都千代田区

 自民党の「こども・若者」輝く未来創造本部は29日、少子化対策を提言する「論点整理」を小倉将信こども政策担当相に出した。小中学校の給食費無償化が柱。政府は少子化対策政策原案となる「たたき台」を31日に決める。小倉氏は「たたき台に反映すべく調整に入る」と応じた。

 創造本部の下部組織で座長を務める木原稔元首相補佐官が提出した。

 教育費を巡り、自治体が先行して導入している小中学校の給食無償化や、高等教育費支援の大幅拡充を盛り込んだ。

 一部の高収入世帯を不支給としている児童手当に関して(1)所得制限の撤廃(2)対象年齢の上限引き上げ(3)多子世帯をより手厚く―などと記載している。

© 一般社団法人共同通信社