マツダ、ロータリーエンジン搭載のMX-30を出展。オートモビルカウンシル2023で国内初公開へ

 3月31日、マツダは4月14日から16日にかけて、千葉県千葉市の幕張メッセで開催される『オートモビルカウンシル2023』の出展概要を発表し、日本初公開となる『マツダMX-30 e-SKYACTIV R-EV』など計4台を会場で展示することを明らかにした。

 2016年から開催されているオートモビルカウンシル(AUTOMOBILE COUNCIL)は、「日本に自動車文化の創生を図ること」を目的に、往年の名車たちと最新モデルが一堂に展示されるカーイベントだ。マツダは過去6回出展、2023年は7度目の参加となる。

 今回、マツダは出展テーマに“ロータリーエンジンの可能性の追求と新しい価値への挑戦”を掲げ、3台のロータリーエンジン搭載車と1981年に発表されたコンセプトカー『マツダMX-81』の計4台を出展する。

 ロータリー搭載車のうちの1台は前述のMX-30 e-SKYACTIV R-EVだ。ロータリーエンジンを“発電機”として使用するシリーズ式プラグインハイブリッドモデルである同車は、今年1月にベルギーで開催されたブリュッセル・モーターショーでワールドプレミアが行われ、日本での公開はこれが初めてとなる。

 この他にもマツダブースでは、1970年代に排ガス規制が敷かれるなか先陣を切って投入された『マツダ・コスモAP(アンチ・ポリューション)』や、マルチフューエルに対応可能なロータリーエンジンの特性を活かし、燃料多様性に挑戦した『マツダRX-8ハイドロジェンRE』が展示される予定だ。

■AUTOMOBILE COUNCIL 2023開催概要

開催日時:2023年4月14日(金)~16日(日)
会場:幕張メッセ
テーマ:CLASSIC MEETS MODERN & FUTURE
イベント公式サイト:http://automobile-council.com/

マツダ・コスモAP(コスモ・アンチ・ポリューション)
マツダMX-81
マツダ・RX-8ハイドロジェンRE

© 株式会社サンズ