横澤夏子「すごい職業だな…」 警察官の気遣いに感動!?

ハザードマップや街の危険な場所を確認しよう。

新潟で1日警察署長をやらせていただいた時、楽屋に一人の女性警察官の方がやってきました。その日の打ち合わせを終えてからもいたので、「もう大丈夫ですよ」と伝えると、「わかりました」と言って出ていかれたのですが、その後もずっと部屋の前に立っている。そして、呼ぶとすぐに入ってきてくださったり、警察署長の制服の着方を尋ねると教えてくれたりと、結果、楽屋の中に違和感なく佇み、いろいろ手伝ってくださる形になったんです。普段、楽屋には私とマネージャーさんくらいしかいないので、最初は、“なんでずっといらっしゃるんだろう?”と思っていましたが、“あ、私を守ってくれているんだ”と気がつきました。「何かあればおっしゃってください」という言葉が心強く、背中を見せないところも頼もしく、“私は今安全だ、守られている”という気持ちになり、その方の包容力みたいなものを感じました。

ここまで人に守られることってなかなかないですよね。しかも、会場へ向かう途中では、「ここ、寒くなります」と気温のことまで心配してくださるなど、すごい職業だなと。おそらく、その方からすると、誰かのそばにいて気遣いをしたり守ることが当たり前。これまでの警察関係の仕事を振り返ってみても、たしかに全員が同じだったなと気がつき感動もしました。楽屋では警察のあるあるなど、普段あまり聞くことのできない話もでき、すごく楽しかったです。

まずは、“身を守る”という意識を持つところから始めてみるとよさそう。警察の方が、「このエレベーターはがくんとなります」という配慮をしてくれたように動線を確認したり、街の気をつけるべき場所やハザードマップを確認しておくなど、身の安全を守る情報を頭に入れておきましょう!

よこさわ・なつこ 芸人。“ちょっとイラッとくる女”のモノマネで大ブレイク。婚活で培ったテクニックをまとめた著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。2021年10月に第二子を出産。

※『anan』2023年4月5日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

© マガジンハウス