トランプ氏、裁判で無罪主張へ 検察に出頭、徹底抗戦の構え

3日、米ニューヨークのトランプタワーに到着したトランプ前大統領(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】不倫相手に口止め料を支払い、もみ消しを図った疑惑に絡んで米東部ニューヨーク州の大陪審に起訴されたトランプ前大統領は4日、ニューヨーク・マンハッタンの検察に出頭する。続いて裁判所で罪状認否に臨み、無罪を主張する見通しで徹底抗戦の構え。米大統領経験者が初めて被告人となる刑事手続きが本格的に幕を開けた。

 前大統領は3日、居住地の南部フロリダ州からプライベートジェット機でニューヨーク市に移動し、かつて住んでいた「トランプタワー」に入った。米メディアによると、弁護団と面会して打ち合わせを実施。元連邦検事の弁護人を新たに雇い、態勢を増強した。

 弁護人は前大統領について「元気だ。必要なことをする用意はできている」と述べた。出頭後に手錠がかけられることはない見通しで、すぐに保釈を認められる公算が大きい。前大統領はフロリダの私邸マールアラーゴに戻って4日夜(日本時間5日午前)に支持者に向けて演説する予定。

 弁護団は3日、裁判所に罪状認否の際の写真や動画の撮影を認めないよう要請した。

© 一般社団法人共同通信社