ウィシュマさん死亡前映像を公開 週刊文春電子版、監視カメラ

名古屋出入国在留管理局=2021年、名古屋市

 週刊文春電子版は5日、名古屋出入国在留管理局の施設で2021年、収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん=当時(33)=の、死亡前の様子を写した監視カメラの映像を公開した。

 電子版は、遺族の了解を得たとして映像を公開。ベッドに横たわるウィシュマさんを真上から写しており、21年3月6日に死亡が確認される直前までの衰弱していく様子や、職員とのやりとりが記録されている。

 映像は、遺族が国に損害賠償を求めた名古屋地裁の訴訟で、国が地裁に提出した約5時間分の一部で、これまでに遺族や弁護団も視聴した。共同通信など報道各社も記録閲覧手続きを経て視聴し、文章やイラストで内容を報じている。

© 一般社団法人共同通信社