米台、民主主義擁護で一致 蔡総統、下院議長と会談

5日、米ロサンゼルス郊外での会談後、記者会見するマッカーシー下院議長(右)と台湾の蔡英文総統(共同)

 【ロサンゼルス共同】台湾の蔡英文総統と米国のマッカーシー下院議長(共和党)は5日、米西部ロサンゼルス郊外で会談し、中国が軍事圧力を強めていることを踏まえ、台湾の民主主義を擁護するため連携を強化していく考えで一致した。米メディアによると、1979年の米台断交後、台湾総統が米国で下院議長と会談するのは初めてで、米政界の要人では最高位。

 中国外務省は会談を受け、報道官談話を発表し「断固反対し、強烈に非難する」と反発。「米台が結託した誤った行為」だとして対抗措置を示唆した。台湾情勢が緊迫する恐れがある。

 マッカーシー氏は会談後の記者会見で、自身の訪台について「現在のところ計画はないが、訪台しないという意味ではない」と述べ、将来的な可能性を否定しなかった。

 バイデン政権は、蔡氏の米国入りは中米訪問後に立ち寄ったもので「公式訪問ではない」と強調。中国に過剰な反応を控えるよう求めてきた。国家安全保障会議のカービー戦略広報調整官は5日、蔡氏が「いかなる米政府関係者とも会っていない」と改めて説明した。

© 一般社団法人共同通信社