新型セレナのハイブリッド車発売 日産が20日に、2万台受注

日産自動車の新型セレナ「e―POWER」

 日産自動車は13日、全面改良したミニバン「セレナ」のハイブリッド車(HV)を20日に発売すると発表した。2月末の受注開始から2万台を超える受注があり、昨年12月に先行して販売を開始したガソリン車の受注数を上回ったという。

 日産独自のHV技術「e―POWER(イーパワー)」の最新型を搭載した。従来より加速や減速が滑らかで車酔いの軽減につながるとアピールする。価格は319万8800円~479万8200円とガソリン車より高いが、加速性能や燃費の良さなどが支持されている。

 車体の骨格には製造時の二酸化炭素(CO2)排出量を抑えた鋼材を使い、脱炭素化の観点を重視した。

© 一般社団法人共同通信社