共産、対話型AI「時期尚早」 国会審議での活用巡り

記者会見する共産党の小池書記局長=17日午後、国会

 共産党の小池晃書記局長は17日の記者会見で、対話型人工知能(AI)「チャットGPT」の国会審議への活用について「未来永劫すべきでないとは思わないが、時期尚早だ」と強調した。個人的意見だと前置きした上で「いろいろ弊害が出てくるのではないか」と指摘した。

 チャットGPTに関しては、一部の大学で学生のリポートや論文作成での利用に注意を促す動きが出ている。小池氏も、教育現場で制限することがあると言及した上で「政治の場で使うのは、あまり好ましくない」と語った。

© 一般社団法人共同通信社