類似性指摘され啓発ポスター使用取りやめ

 内閣府は18日、若者の性暴力被害予防を啓発するポスターで、無関係のイラストレーターの作品との類似性が指摘され、使用を取りやめたと発表した。

© 一般社団法人共同通信社