月内に対日投資拡大プラン 首相、人材呼び込みも

「経済界サミット(B7)」であいさつする岸田首相=20日午前、東京・大手町の経団連会館

 岸田文雄首相は20日、海外から日本への投資拡大や、人材を呼び込むための施策を盛り込んだアクションプランを月内に示す方針を示した。東京都内で開かれた日米欧の先進7カ国(G7)から企業幹部らが参加する「経済界サミット(B7)」の2日目の会合に来賓として出席し明らかにした。

 半導体など戦略分野におけるサプライチェーン(供給網)の確立や、海外の人材が日本で働きやすくなる在留資格制度の創設などに関する具体的な取り組み目標を設定する。岸田氏は「海外からの新たなビジネスチャンスを拡大し、日本のさらなる成長につなげる」と強調した。

© 一般社団法人共同通信社