スーダン退避支援と軍声明 外国人ら、米英仏中に言及

スーダンの首都ハルツームの市街地に立ち上る煙=21日(ゲッティ=共同)

 【ジブチ、カイロ共同】アフリカ北東部スーダンの軍と準軍事組織「即応支援部隊(RSF)」の戦闘に絡み、軍は22日、各国の外交官や在留者のスーダンからの退避に向け必要な支援をするとの声明を出した。米英仏と中国が近く自国の軍用機で首都ハルツームから退避を実施するとした。日本への言及はない。

 中東の衛星テレビは22日、スーダンから紅海を挟んで対岸のサウジアラビア西部に向け、サウジ人や外国人の船での退避が始まったと報じた。アラブ諸国の国民などが含まれるとした。こちらも日本への言及はない。

 RSFは21日夜、外国人の国外退避のため全空港を部分開放する用意があると表明していた。戦闘開始から22日で1週間。停戦合意は繰り返し破られ、泥沼化への懸念が出ている。

 スーダン軍によると、サウジアラビア外交団は北東部ポートスーダンに陸路で移動して退避。ヨルダンも同様に退避するという。サウジ外務省は22日、自国民や複数の友好国市民の退避に向け調整を始めたと表明した。

© 一般社団法人共同通信社