ウクライナ、反攻控え支援要求 「これまでの10倍必要」

22日、ウクライナ東部ドネツク州の前線付近を戦車で移動するウクライナ軍の兵士ら(ロイター=共同)

 【キーウ共同】ウクライナのメルニク外務次官は22日、ロシアの侵攻を今年で終わらせるため、これまでの10倍の軍事支援が必要だとツイッターに投稿した。ウクライナが大規模な反攻を計画していると伝えられる中、同盟国による支援はなお「十分ではない」と述べ、一層の協力を求めた。

 国営通信社ウクルインフォルムは、東部ドネツク州の激戦地バフムト周辺でロシア軍が22日も攻撃を継続したと報じた。ロイター通信によると、ロシア国防省はバフムトで支配地域を広げたと主張した。

 東部ハリコフ州では22日夜、住宅街にミサイル攻撃があった。地元当局者は、ロシアが地対空ミサイルS300を使用したと述べた。

© 一般社団法人共同通信社