韓国、GDP0.3%増 1~3月期、民間消費支え

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は25日、2023年1~3月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前期比0.3%増となったと発表した。新型コロナウイルス禍が落ち着いたことに伴う民間消費の増加に支えられ、0.4%減と10四半期ぶりにマイナスになった前期からプラスに転じた。

 飲食や宿泊、娯楽などのサービス業を中心に民間消費が0.5%増、建設投資も0.2%増となった。一方、設備投資は機械類を中心に4.0%減少した。GDPは前年同期比では0.8%増えた。

 韓銀は2月、23年の成長率を1.6%と展望したが、今月11日の金融通貨委員会ではこれを下回るとの見方を示した。

© 一般社団法人共同通信社