中国、入国者PCR撤廃 抗原検査に切り替え

 【北京共同】中国外務省の毛寧副報道局長は25日の記者会見で、新型コロナウイルス対策のため海外からの入国者に求めてきたPCR検査を29日に撤廃し、搭乗前48時間以内の抗原検査に切り替えると発表した。

 毛氏は「中国と海外の往来について一層の便宜を図る」と説明。今後も流行状況に応じて科学的に防疫対策の調整を続け、安全で秩序だった往来を保障すると強調した。

© 一般社団法人共同通信社