三笘が「“神の手”ゴール」と韓国メディア注目 VAR→ハンドで得点取り消しに「明らかに…」

ブライトンの三笘薫【写真:Getty Images】

前半31分にゴール前のこぼれ球を押し込んだが得点は認められず

イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫は、5月24日に行われたプレミアリーグ第32節延期分マンチェスター・シティ戦に臨んだ。日本代表MF三笘薫は先発出場し、前半に身体で押し込んでゴールネットを揺らすもハンドの判定となり、取り消された。海外メディアは「『ラグビートライを決める』ブライトンのスターがVARの犠牲に」と報道している。

プレミア王者シティが前半25分にイングランド代表MFフィル・フォーデンのゴールで先制したなか、迎えた同31分だった。ブライトンは右コーナーキック(CK)から元イングランド代表FWダニー・ウェルベックが頭でそらし、三笘が胸でトラップ。GKがこぼしたところ、再度三笘は飛び込んで身体で押し込んだ。しかし、その際にボールをホールドしてしまい、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での確認後、ゴールは取り消しとなった。

それでも、ブライトンは同38分にパラグアイ代表FWフリオ・エンシソがミドルシュートを決めて追い付くと、同44分、左サイドでボールを持った三笘が駆け上がる。そのまま中央走り込んだウェルベックへ鋭いスルーパス。これをウェルベックが蹴り込み、ゴールネットを揺らしたが、今度はわずかにオフサイドの判定。ゴールに続き、アシストも幻となった。

試合は1-1で決着となったなかで、韓国総合ニュースサイト「マイデイリー」は「三笘が“神の手”ゴール。審判はノーカウントを宣告」と見出しを打ち、「三笘は右腕でボールを抱え、ゴールラインを通過した。明らかなハンドのファウルだった。しかし、三笘はまるで何事もなくゴールを決めたかのように喜んだ。マン・シティの選手たちは両手を広げて抗議した。結局、主審は得点を取り消した」と三笘の“幻のゴール”を伝えていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2