車いすラグビーの日本代表が会見 池主将「日本は最高レベル」

オンライン記者会見する車いすラグビー日本代表の池透暢=14日

 来年のパリ・パラリンピックの予選を兼ねた車いすラグビーのアジア・オセアニア選手権(29日開幕・東京体育館)に出場する日本代表が14日、オンラインで記者会見し、主将の池透暢(日興アセットマネジメント)は「日本は最高のレベルに到達してきている。パリの切符を取るところを見てもらいたい」と意気込みを語った。

 大会には日本のほか、2022年世界選手権覇者のオーストラリア、ニュージーランド、韓国が出場し、2回戦総当たりの1次リーグを行う。上位2カ国が7月2日の決勝に進み、優勝国がパリ大会の出場権を得る。

 日本は銅メダルを獲得した東京パラと同じメンバーで臨む。

© 一般社団法人共同通信社