メキシコで爆発、市民ら6人死亡 負傷12人、麻薬組織の犯行か

メキシコ中部ハリスコ州の爆発事件で現場検証を行う捜査関係者=12日(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】メキシコ中部ハリスコ州グアダラハラ近郊で11日夜、道路に仕掛けられた即席爆破装置(IED)が爆発し、市民や警察官ら計6人が死亡、12人が負傷した。当局者らを狙った麻薬組織による犯行とみられ、アルファロ州知事は「残忍なテロ」だと非難した。地元メディアなどが12日伝えた。

 事件前には失踪者を捜索する母親らの団体に匿名電話で、現場近くに遺体が隠された埋葬地があるとの情報が寄せられていた。アルファロ氏は容疑者が「わな」で現場におびき寄せて犯行に及んだとの見方を示した。

 IEDは8個仕掛けられ、うち7個が爆発。道路が大きくえぐれ、少なくとも4台の車が壊れた。

© 一般社団法人共同通信社