京都・祇園祭、宵山期間始まる 響く「コンチキチン」

祇園祭の「宵々々山」を迎え、山鉾を見物する人たち=14日夕、京都市

 京都・祇園祭は14日、前半のハイライトとなる前祭の「山鉾巡行」を3日後に控え「宵々々山」を迎えた。京都市中心部では「コンチキチン」の祇園ばやしが響く中、ちょうちんに照らされた山鉾が立ち並び、祭りムードが高まった。宵山期間は16日まで。

 豪華な装飾品で彩られた山鉾の写真を撮ろうとスマートフォンを手にする浴衣姿の人や、厄よけのちまきを買い求める人でにぎわった。

 15、16日は夕方以降、市中心部で歩行者天国となり、露店も並ぶ。15日から、山鉾23基が巡行する17日まで3連休と重なったため、例年以上の人出が見込まれている。

© 一般社団法人共同通信社