ナラディーアで桜プロジェクト

全国に桜を広げる取組みの一環として三郷町にあるJ3奈良クラブの練習場、ナラディーアで桜の苗の植樹が行われました。

桜プロジェクトは、創業者が桜の名所、吉野の出身である縁で大和ハウスが2010年から行っているもので植樹されるのは、326カ所目になります。

植樹式では、奈良クラブの浜田社長が「桜の花が咲くように奈良クラブのサッカーも花咲くように頑張ります」とあいさつしました。

そして、グラウンド西側斜面の桜が並ぶエリアにヤマザクラ1本が植樹されナラディーアで開催されている国際大会に参加している子どもたちが、スコップやシャベルで土をかけていきました。

ヤマザクラは、5年程で花を咲かせるといいます。

参加者らは、満開に咲き誇る姿を思い浮かべていました。

© 奈良テレビ放送株式会社