孔明(向井理)が号泣!物語のオチにSNSはツッコミの嵐『パリピ孔明』

向井理さんの主演ドラマ『パリピ孔明』最終話が11月29日に放送され、孔明(向井)が迎えたラストに、多くの反響が寄せられました。(※ネタバレあり)

【写真】別れを惜しむように上白石萌歌の歌を聴く向井理

<ドラマ『パリピ孔明』の関連記事>

本作は、中国三国時代の天才軍師・孔明(向井)が現代の渋谷に転生し、歌手を目指すアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)を成功に導いていく“音楽青春コメディ”です。

最終話では、超大型音楽フェス・サマーソニアの舞台に立つ英子の姿、そして現世との別れを惜しむ孔明の姿が描かれました。

英子の歌声を聴くことで、“我が君”劉備(ディーン・フジオカ)の幻影や、夢を見るようになっていた孔明。夢はいつも劉備に会う前に目が覚めていましたが、夢の中で劉備に会ってしまったら現世にはいられなくなるのでは…という疑念を持ち始めていました。

サマーソニアで英子が世界的シンガーのマリア・ディーゼル(アヴちゃん女王蜂)と「I’m still alive today」を歌うなか、孔明は目を閉じます。すると次の瞬間、目の前には劉備たちが待つ“かつての世界”が。そして、劉備と対面する直前で再度現世で目を覚ましました。

タイムリミットが刻々と近づいていることを感じ、英子との別れを意識する孔明。

そんななか、サマーソニアを成功させた英子は、仲間たちとBBラウンジでの打ち上げで盛り上がります。ふと、孔明がいないことに気づき、探し回る英子。

そして、ドラマ放送の終了直前、英子が事務所の扉を開けると、そこには鏡を見ながら「大丈夫でした…」と大号泣したと思えば爆笑する孔明の姿があったのでした。

予想を裏切るラストに、SNSは「おるんかい!!」「いたwww」「帰ったんちゃうんかww」と、ツッコミの嵐。また、ラストシーンの直前まで元の世界へ帰ってしまったと思い感動していた視聴者からは「涙返せw」「号泣しちゃったじゃねーか!でもよかった」「やられたなw」と言う声も見られました。

<最新放送回は、TVerFODで無料配信中!>

孔明(向井理)が号泣!物語のオチにSNSはツッコミの嵐『パリピ孔明』 の画像ギャラリー【全2枚】を見る

© 株式会社フジテレビジョン