【レクサス RZ300e】待望のFWDモデルを追加設定。同時に改良を実施

11月30日 (木) 、LEXUS(以下レクサス)はBEV専用モデルであるRZにFWDモデルを追加。同時に一部改良を実施し発売する、と発表しました。

1モーターのFWDモデルを追加設定

手前が新たに設定されたFWDのRZ300e、奥は4WDのRZ450e。両車の外観デザインに大きな違いはない。

レクサスRZは、2023年3月30日に発売されたBEV専用モデルです。発売時は2モーターの4WDモデル「RZ450e」のみをラインアップしていましたが、このほど改良を実施したタイミングでFWDモデルの「RZ300e」が追加設定されました。

RZ300eは、RZ450eと同じくBEV専用プラットフォームの「e-TNGA」を採用。バッテリーやモーターなどの配置を最適化することで、FWDにマッチした慣性諸元を実現しています。

コイルスプリング、スタビライザー、ショックアブソーバの設定を最適化し、FWD向けに新開発したリアサスペンションメンバーを採用するなど、FWDモデル向けのセッティングを施しました。

RZ450eよりも約100kg軽い車両重量と高剛性ボディの効果もあり、軽快かつリニアな挙動を実現。FWDであってもRZがコンセプトとして掲げる「感性に訴えかける走り」を味わうことができます。

寒い日の充電時間を大幅に短縮

改良も同時に行われ、低気温化での充電時間がこれまでよりも約20〜30%短縮されている。

一方、RZ全体での改良ポイントとしては、「電池急速昇温システム」を新たに採用。外気温が低い環境下での急速充電の時間を短縮を実現しました。これにより外気温−10℃で充電警告灯点灯時から約80%までの充電時間は、50kWの充電器では約20%、90kW充電器では約30%も充電時間が短縮されました。

電源&駆動系関連では、RZ300eのフロントモーター駆動用インバータに電力ロスを押さえたSiC素子(シリコンカーバイト)を採用したことも、トピックのひとつです。これによりRZ300eでは航続距離は599kmを達成しています。

価格(税込み)はFWDのRZ300eは820万円、RZ450eは880万円、グレードは両車ともにversion Lのみとなっています。

レクサス充電ステーションのさらなる拡充も発表

レクサス充電ステーションは現在拡充中で、2030年には全国で約100カ所が開設される予定だ。

さらに、レクサスRZの改良に合わせてLEXUS Electrified Program(以下、LEP)の拡充が発表されました。

6月に開設した東京ミッドタウン日比谷に続いて長野県北佐久郡軽井沢町にある、書店やコワーキングスペース、飲食店などが入る複合施設「軽井沢コモングラウンズ」に3基の急速充電器の設置と夜間の営業(一部時間を除く)が実施されます。

24年度には、名古屋駅に直結するJRセントラルタワーズの地下駐車場に、レクサス充電ステーションが開設される予定です。また、レクサスでは2030年には大阪、福岡などの都市を中心に、全国で約100カ所のレクサス充電ステーションの開設を目指すことも明らかにしています。

■レクサスRZ300e 主要諸元

●全長×全幅×全高:4805×1895×1635mm
●ホイールベース:2850mm
●モーター:フロント1基
●最高出力:150kW(203.9ps)
●最大トルク:266Nm(27.1kgm)
●駆動方式:FWD
●バッテリー種類・総電力量:リチウムイオン・71.4kWh
●航続距離(WLTCモード):599km(18インチタイヤ装着車)
●タイヤサイズ:18/20インチ

[【2023最新EV図鑑 レクサスRZ】全ラインナップのEV化を見据える、レクサスの最新モデル - スマートモビリティJP]

[レクサスがEVオーナー専用サービス、「LEXUS Electrified Program」をスタート - スマートモビリティJP]

© 株式会社モーターマガジン社