レクサスのBEV「RZ」にFWDモデル「RZ300e」登場

レクサスは2023年11月30日、BEV専用モデル「RZ」のラインアップに、FWDモデルの「RZ300e」を追加導入するとともに一部改良して販売を開始した。

手前がFWDモデルのレクサスRZ300e。奥がレクサスRZ450e

RZは2023年3月にレクサス初のBEV専用モデルとしてAWDの「RZ450e」が国内で販売スタート。

【詳解記事】レクサス BEV専用モデル 新型「RZ」発売開始 【RZ450e試乗記】エンジン車からスムーズにEVへ。その才能をコーナーで感じる

今回ラインアップに加わった「RZ300e」は、RZ450eと同様にBEV専用のプラットフォーム(e-TNGA)を採用。リヤサスペンションメンバーをFWD専用に新たに開発しており、ノイズや不快な振動を抑制することで乗り心地を向上させている。

また、コイルスプリング、スタビライザー、ショックアブゾーバーの設定をFWD専用に最適化。AWDモデルのRZ450eと比べ約100kg計量化させた車体を活かし、軽快でリニアな車両挙動を実現させた。

このほか、フロントモーターを駆動させるインバーターに、電力ロスの少ないSiC素子(シリコンカーバイド)を採用し、599kmの航続距離を達成している。

RZ300e専用18インチホイール

また、今回の一部改良でRZの全モデルに「電池急速昇温システム」を採用した。これは、空調用ヒーターの発熱を車両フロア下に搭載するバッテリーへ伝達する経路を改良し、熱損失を最小限にすることで、冷間時のバッテリーの温度を速やかに上げ、充電速度の向上を実現するもの。低外気温下における急速充電時間を短縮することで使い勝手を向上させた。

レクサス充電ステーションを軽井沢コモングラウンズに開設

レクサスのBEVオーナー専用のサービス「「LEXUS Electrified Program(レクサス・エレクトリファイド・プログラム)」に加入するユーザー向けの急速充電ステーションが、2023年12月11日に軽井沢コモングラウンズに開設される。

【関連記事】BEVオーナー専用サービス「LEXUS Electrified Program」開始

3基の急速充電器が設置され、充電の待ち時間には軽井沢書店中軽井沢店2Fのコワーキングスペースの無料利用や屋外でレクサスのオリジナルチェアを広げて、自然の中で読書を楽しむなど、充電中に心地よく過ごせるサービスが提供される。

価格

レクサスRZ 関連記事
レクサス 関連記事 レクサス 公式サイト

The post レクサスのBEV「RZ」にFWDモデル「RZ300e」登場 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

© 横浜エフエム放送株式会社