マイクロソフトのSeeing AIアプリ、Android向けにもリリース。スマホカメラを向けると周囲の様子を音声で説明

マイクロソフトのSeeing AIアプリ、Android向けにもリリース。スマホカメラを向けると周囲の様子を音声で説明

他の写真を見る

Microsoftは12月4日(現地時間)、国際障害者デー(12月3日)を記念して、スマートフォンのカメラを向けたものを音声で説明するアプリ「Seeing AI」のAndroid版をリリースしました。

発明家が自転車用オートマ変速機を特許出願、動画公開。8本腕ギアがトルクや地形で拡大縮小

Seeing AI自体は、iOS向けには2017年にリリースされていた息の長いアプリです。スマートフォンのカメラを向けたり撮影したりしたものに含むまれるテキストの読み上げや、製品バーコードをスキャンしてその製品の名前や可能な場合は製品説明を知らせます。

ほかにも、人物の表情や推定年齢を認識したり、紙幣を確認したり、カメラが捉えた色を説明したりといったことが行えます。撮影した周囲の様子を説明することもでき、画面上で指を動かすことで写真内に写っている様々な物の位置を把握することも可能です。

読み上げは、日本語を含めた18言語で利用可能。2024年には36言語に拡大予定とされています。

視覚に障害を持つ人々が、周囲の様子や商品情報などを確認しやすくするためのアプリですが、Android向けにはGoogleがほぼ同様の機能を備えたLookooutをリリース済み。Androidを使っていて、こうしたアプリを必要としている人なら、すでにLookoutを利用していると思いますが、選択肢が増えるのは歓迎すべきことでしょう。

両社ともAIを活用した機能強化を進めているので、近い将来、スマートグラスに搭載したカメラを利用してリアルタイムで周囲の状況を説明するといったこともできるようになるのかもしれません。

画像内のキャラを思うがままに抜群の精度で動かせる「Animate Anyone」、話した声をすぐに翻訳するMeta「Seamless」など重要論文5本を解説(生成AIウィークリー)

YouTube広告を16倍速であっという間に終わらせるChrome拡張が公開、広告ブロック警告を回避

Threads、検索結果の時系列表示は計画なし。「安全上の抜け穴になる」ため

© TechnoEgde