成都市、川劇など古典演劇の学校内への普及に力

成都市政府はここ数年、市教育局と共同で、小中大学を対象とした戯曲の普及活動に力を入れています。

成都市教育局などが主催する戯曲(中国の古典演劇)の学校内への普及活動の一環として、市内の小中学校の児童・生徒による戯曲の夕べがこのほど、天府第四中学校のコンサートホールで開催されました。

成都市内の50余りの小中学校の児童・生徒らが、京劇、昆曲、川劇、越劇、黄梅戯など60余りの戯曲の演目を披露し、その見事な演技力と豊かな感情表現で拍手喝采を浴びました。

成都市政府はここ数年、市教育局と共同で、小中大学を対象とした戯曲の普及活動に力を入れています。優れた戯曲の演目の上演や戯曲の夕べなどにより、児童・生徒・学生は中華の優れた伝統文化に愛着を持つようになり、各校に戯曲サークルが次々と設立されています。(提供/CRI)

© 株式会社 Record China