島忠/「ホームズ横浜鶴見店」オープン、PBでニトリとのシナジー発揮

島忠は12月6日、「ホームズ横浜鶴見店」(横浜市神奈川区)をオープンする。5日報道向け内覧会を開催した。

<ホームズ横浜鶴見店>

ニトリホールディングスとの経営統合後、初の新規出店となる。1986年に開業し、長年地元で親しまれてきた「島忠横浜店」跡地にオープンするもの。

ニトリグループ入り以来積み重ねてきた実験結果を店内各所に活用。さらに、今後ホームセンター業態の標準店を作るための実験店舗となっている。

<岡野社長、須藤会長>

須藤文弘会長は「島忠の未来に向けた再生のシンボルとなる店舗だ。家具や日用品は、ナショナルブランド商品、島忠プライベートブランド(以下:PB)、ニトリPBがそろい、お客様に多様な選択肢を提供できる。ニトリホームズ宮原店の実験で、ニトリと島忠を使い分ける人が多く、ホームセンターとして、NBの取り扱いや中~高価格帯など島忠ならではの品ぞろえが重要なことがわかった。この店でさまざまな実験を行い、これからのホームセンターの標準を作りたい」と意気込みを語った。

<価格を強調したポップを導入>

岡野恭明社長は「島忠は高いといわれてきたが、安さにこだわったPBを強化した。ニトリとの統合シナジーにより、この2年半でスピード感を持って、たくさんの商品を開発できた。日用品PBの需要の高さを感じている。安さを武器に島忠を以前から支持してくださる中高年顧客の来店頻度・買い上げ点数を増やし、若年層も取り込みたい」と話した。

1階がホームセンター商品、2階は家具ホームファッション・日用品がそろう。

3階にはスーパーマーケットSANWAが出店。衣食住を兼ね備え、ワンストップで買い物できる店舗となっている。

<強化中のPBを集合展開>

経営統合後、ニトリとの協働により島忠は、日常使いの商品を中心にPBの開発に取り組んでいる。現在では、約2400点のPBを開発しており、同店では、そのうち日用品、自転車、DIY用品、家具など2200点以上を展開する。

島忠独自のPBに加え、これまでと同様に豊富なNB、ニトリ商品まで、約8万アイテムを販売する。PB(ニトリ商品含む)の売上比率は、約15%となる見込み。

また、近隣に古い住宅が多く、リフォームコーナーを強化した。島忠・ニトリ共同開発のカジュアル衣料品(Neasy、エヌイージー)、ドラッグ・コスメの売場も充実させている。

■1階にアパレル、リフォームコーナーなど

1階はアパレル、プロ向け商品、リフォームコーナー、ペット用品、文具、園芸、DIYなどとなっている。

<普段着から作業着までそろう>

1階正面は、子どもから大人向けまで、下着や普段着がそろう「Neasy」、プロ向けの作業着を陳列。「Neasy」は2足組み靴下が税込み217円から買える低価格で、機能的な商品を開発している。

<プロ向け商品も充実>

旧店舗では手薄だったプロ向け商品も充実。作業着、安全靴、工具などを販売する。

<建材なども用意>

DIYからプロ需要まで対応する建材などもそろう。

<リフォームコーナー>

約181.82m2のリフォームコーナーは顧客がわかりやすいように、風呂4型・トイレ8型のコーディネート提案をしている。

<グリーン売場>

旧横浜店で支持されていたグリーン売場が、装いを新たにアップデート。リビングや子ども部屋など、シーンに合わせてそのまま飾れる観葉植物、花の苗、種、ガーデニング用品を販売する。

<ペットコーナー>

ペットコーナーは島忠最大級の約439.67m2。シリーズ累計販売数量約53万個のペットシーツをはじめ、ペット用品においてもさまざまなオリジナル商品を販売する。フードは高価格帯から低価格帯まで幅広く用意しており、シニア向け療養食も購入できる。

<自転車売り場も>

自転車売り場も充実しており、約150型を販売する。周辺に坂が多いエリアであるため、アシスト付き電動自転車を強化した。

<文具コーナー>

近隣に本屋がなく、周辺の生活者が文具を購入できる店がないという需要に対応し、学用品からトレンド品まで買える文具コーナーを設置した。

■2階は日用品・ドラッグ・家具売り場を展開

2階は日用品・ドラッグ・家具ホームファッション売り場となっている。

ニトリとのシナジーで生まれた、スタイル別のコーディネート提案売場では、家具のテイストに合わせたクッションカバー、スローケット、ラグなどのインテリア用品で演出する。

<ナチュラルビンテージな部屋>

シンプル、モダン、ノルディック、フェミニン、ナチュラルビンテージの5つのテーマを設定。須藤会長は「ニトリの家具はシンプルなものが基本だが、ホームズの家具はニトリから島忠PB、NBまで組み合わせ、多様なし好に応え、両社のいいとこどりができる強みがある。ニトリにはない39万円くらいするPBのソファなど家具の開発でも島忠らしさを出している」と述べた。

<ベッドコーナー>

ベッドコーナーを広く設け、ニトリPB、島忠PB、NBの高級品までマットレスの寝心地を試せる。近くに枕も並べ、ベッド共に使い心地を体験できる売り場になっている。

<ソファで人気NO.1のPB商品>

自宅ワークスペース提案売り場では、オフィスチェアを充実。島忠PBのセラミック製ダイニング、ソファが人気で売り上げを伸ばしているという。

<ドラッグ・コスメ売り場>

また、ドラッグ・コスメ売り場も設置。生活に欠かせないボディーソープなど生活必需品から、医薬品までそろえ、ワンストップでショッピングしたいニーズに応えた。

<男性用コスメも販売>

シェアコスメ・男性用コスメ・韓国コスメも販売し、若年層にも訴求する品ぞろえとなっている。

■ホームズ横浜鶴見店
所在地:神奈川県横浜市鶴見区岸谷3-9-1
売場面積:1階約4072.72m2、2階約3920.66m2
フロア構成:1階ホームセンター売場、2階家具ホームファッション・日用品売場、3階スーパーマーケットSANWA
開店日時:2023年12月6日9時オープン
※スーパーマーケットは12月8日オープン
営業時間:9時~21時

■島忠の関連記事
ニトリ/島忠と初の融合店舗「ニトリホームズ宮原店」オープン

© 株式会社流通ニュース