離婚密着動画がネットでトレンド入り、カメラマン「依頼者は皆1995年以降生まれ」―中国

中国のネット上でこのほど、河南省焦作市温県で結婚写真専門スタジオを経営する男性がある夫婦の離婚登記に密着した体験をモデルに演じさせて撮影したショート動画が話題になった。

中国メディアの大象新聞によると、中国のネット上でこのほど、河南省焦作市温県で結婚写真専門スタジオを経営する男性がある夫婦の離婚登記に密着した体験をモデルに演じさせて撮影したショート動画が話題になった。

男性によると、今夏以降、離婚する夫婦から、結婚生活の終わりを記録したいとして、撮影の依頼が数件あった。依頼してきたのはいずれも1995年以降に生まれた若いカップルだという。

最初に相談に来たのは2000年代生まれの夫婦。双方の両親が結婚に一貫して反対していたため、離婚を余儀なくされたという。カメラマンの男性によると、結婚式の撮影の喜びに満ちた場面とは異なり、離婚の撮影は「つらくなるほど静か」で、カメラマンにとって離婚を記録することは「とてもつらい」作業だという。

記事によると、中国では今年1~9月に前年同時期より33万組多い197万3000組が離婚した。(翻訳・編集/柳川)

© 株式会社 Record China