スズキ、小型乗用車 新型「スイフト」を発売 5MTも搭載しているぞ

スズキは、小型乗用車 新型「スイフト」を CVT 車は 2023 年 12 月 13 日より、5MT 車は 2024 年 1 月 17 日に発売すると2023年12月6日発表した。

発表会での鈴木俊宏社長と新型スイフト
新型スイフトは個性的なフロントフェイスで一目でわかるデザイン

新型「スイフト」のデザインは、一目見たら印象に残るデザインを目指して開発。クルマ全体を 包み込むラウンド形状が先進的なイメージを表現し、個性や走りを想起させるスタイリングを追求した。

インテリアでは、インパネとドアトリムをつなげたスタイリングにより、ドライバーとクルマの一体感を表現。車体色は、新色「フロンティアブルーパールメタリック」、「クールイエローメタリック」を含む 全 9 色、13 パターンのラインアップとした。

新開発した1.2LのZ12E型エンジン

パワートレインは、新開発のZ12E型エンジンと CVT を採用し、燃費性能と走行性能の両立を実現。 空 力性能はデザイン性を維持しながらバックドアサイドスポイラーの採用や、フロントストレイク、フロント バンパー、ホイール形状などを最適化したことにより、先代のスイフトより空気抵抗を約 4.6%低減し、 コンパクトカークラストップレベルの空力性能を実現している。

超高張力鋼板の使用範囲を拡大し堅牢なボディ骨格になっている

また、ボディの高張力鋼板使用範囲の 拡大や構造用接着剤の採用により、剛性を高めたことで優れた操安性や乗り心地に貢献している。 さらにバッフル材追加やボディ結合部へ減衰接着材の塗布などにより静粛性を高めている。

安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合せたデュアルセンサーブレーキサポートIIを採用。また、電動パーキングブレーキの採用により停止保持機能を追加したアダプティブクルーズ コントロールは全車速追従機能・停止保持機能付 やブレーキホールド、車線維持支援機能、 アダプティブハイビームシステム などの組み合わせにより、日常運転の負担を軽減する。

さらに、 ドライバーの表情を認識し、眠気や脇見をカメラ検知してドライバーに注意を促すドライバーモニタリング システムを初採用した。

パッケージングは、コンパクトで取り回しの良いボディーサイズを踏襲し、運転席周りでは オーディオやスイッチ類をドライバーの使いやすさを考えた自然な姿勢で操作ができるレイアウトに設定した。

新型「スイフト」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、 国土交通省による「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当している。

価格

スイフト関連記事
スズキ関連記事

The post スズキ、小型乗用車 新型「スイフト」を発売 5MTも搭載しているぞ first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

© 横浜エフエム放送株式会社