三菱 アウトランダー&エクリプスクロスを一部改良。機能装備の充実などを図る

2023年12月7日、三菱自動車工業(以下、三菱)はクロスオーバーSUVの「アウトランダー」と「エクリプスクロス」を一部改良して発売した。

アウトランダーの特別仕様車「ブラックエディション」は継続設定

アウトランダー(ボディカラーは、ブラックダイヤモンド/スターリングシルバーメタリック)。

アウトランダーでは、まず従来のUSB タイプCとタイプAに加え、ユーザーから要望が多かったHDMIポートを全グレードに標準装備。車内での待ち時間にスマートフォンやタブレットなどの画面をナビゲーションに出力できるようになった。

また、ヘッドランプウオッシャー(Mを除く)やLEDリアフォグランプといった悪天候時に役立つ機能を標準装備し、降雪地域や⻑距離ドライブなど、運転が不安なシーンでの安全性をさらに向上した。ボディカラーは、2トーンにブラックダイヤモンド/スターリングシルバーメタリックとモノトーンにはグラファイトグレーメタリックを新設定するなど、全12色展開とした。

アウトランダー ブラックエディションのダイナミックシールド。

なお、人気の特別仕様車「ブラックエディション(BLACK Edition)」も継続設定される。ベースグレードを「G」から「P」(7人乗り)に変更し、ヘッドアップディスプレイやBOSE プレミアムサウンドシステムなど装備の充実を図り、さらに電動パノラマサンルーフを特別装備するなど、機能性・快適性をさらに向上させている。

エクステリアは、ダイナミックシールドをグロスブラック、サイドウインドーモールをブラックとし、グロスブラックのルーフレールを標準装備とするなど、より精悍なスタイリングとした。ボディカラーは、グラファイトグレーメタリック/ブラックマイカを専用色として設定し、2トーン3色、モノトーン2色の合計5色のボディカラー展開とした。

その他の内外装などに変更はない。パワートレーンは、2.4Lの直4 DOHC+ツインモーターで4輪を駆動する。主なグレードと車両価格(税込)は、M(5人乗り)の499万5100円からブラックエディション(7人乗り)の630万4100円となっている。

エクリプスクロスはスマホ連携ナビを全車に標準装備

エクリプスクロス PHEV P(ボディカラーは、ホワイトダイヤモンド)。

エクリプスクロスでは、グレード展開の見直しを図り、ガソリン車/PHEV(プラグインハイブリッド車)とも、M/G/P/ブラックエディション(特別仕様車)というラインナップになった。機能装備では、マルチアラウンドモニター付きのスマートフォン連携ナビゲーションを全車に標準装備。車両周辺の状況確認を容易にし、スムーズで安全な駐車をサポートする。

エクリプスクロスも、その他の内外装などに変更はない。パワートレーンは、ガソリン車は1.5Lの直4 DOHCターボに8速スポーツモード付きCVTで、駆動方式は2WD(FF)と4WDを設定。PHEVはアウトランダーと同じ2.4Lの直4 DOHC+ツインモーターの4WDとなる。

主なグレードと車両価格(税込)は、ガソリン車はM(2WD)の277万3100円からブラックエディション(4WD)の352万円。PHEVはMの409万4200円からブラックエディションの464万800円となっている。

エクリプスクロス PHEV Pのインテリア。

© 株式会社モーターマガジン社