グラビアカメラマンが教える、生成AIグラビア実践ワークショップ(第3回)参加者募集。過去回アーカイブも視聴できます

グラビアカメラマンが教える、生成AIグラビア実践ワークショップ(第3回)参加者募集。過去回アーカイブも視聴できます

他の写真を見る

テクノエッジ編集部では、生成AIグラビア実践ワークショップ第3回を開催します。講師は、人気連載「生成AIグラビアをグラビアカメラマンが作るとどうなる?」の著者である西川和久さんです。

太陽に地球60個が入る大きさの巨大コロナホールが出現、強烈な太陽風が放出

高価なゲーミングPCがなくても自分で高速な画像生成ができるサービス「生成AI GO」を無料で使いながら、生成AIに関する知見とグラビアカメラマンとしての豊かな経験から得られた最新かつ実践的なテクニックを学べます。3回目となる今回は、前半は初心者向け、後半は中級者向けとし、どちらのレベルでも得られるものがある内容にいたします。

なお、ワークショップ内で使用するプロンプトは、受講者向けにドキュメントとして公開し、その場でコピペするだけで画像生成を体験できる、非常に簡単な仕組み。生成した画像はその場で自分のパソコンに保存できます。

第3回は、12月21日、オンラインにて開催いたします。なお、今回お申し込みいただいた方は、第2回の動画アーカイブを視聴いただけます

グラビアカメラマンが教える、生成AIグラビア実践ワークショップ 申し込みはこちら(Peatix)

イベント詳細

グラビアカメラマンが送る、リアリティのある美女をその場で作れる実践的AIワークショップ「生成AIグラビアをグラビアカメラマンが作るとどうなる?ビデオワークショップ版」第3回

テクノエッジの連載「生成AIグラビアをグラビアカメラマンが作るとどうなる?」でおなじみの西川和久さんによる画像生成AIオンライン実践講座、第3回を12月21日に開催します。

カメラマン、プログラマー、テクノロジージャーナリストとして多方面で活躍している西川さんを講師に、実践的なテクニックをわかりやすく解説するシリーズです。西川さんが長年培った撮影テクニックを画像生成AI技術に応用。すぐに使えるAIモデル、プロンプト、プラグインの使い方を初心者にもわかりやすく伝授します。

西川和久さんプロフィール:

1962年生まれ。1990年代にはDOS/V拡張画面表示ドライバ「DOS/Vスーパードライバーズ」「DDD」などを開発し、Windowsプラットフォームの躍進に大きく寄与した。PC系ライターとしても活躍し、PCの普及に多大な貢献を果たす。その後、グラビアを中心としたカメラマンとしても知られるようになり、現在は生成AIに関する知見とグラビアカメラマンとしての経験を生かした活動をしている。


今回使うソフト「Stable Diffusion Web UI」は、本来ならば高価なGPUを搭載したハイエンドPCのユーザーでなければ使えないソフトですが、Webブラウザからそのまま利用できる画像生成AIサービス「生成AI GO」との提携により、参加者は手元のパソコンから実際に試しながら使い方を習得できるというメリットがあります。

生成AI GOは月額1100円からの有償サービスですが、本ワークショップの受講者に限り、講義中に高性能GPUを追加料金なしで利用でき、さらに作成した画像は保存して持ち帰ることができます。必要なプロンプトは受講者に公開され、コピー&ペーストするだけで体験できます。

本講座は10月にスタートし、月1回、6回の開催を予定。12月21日開催分は第3回目となります。ぜひ奮ってご参加ください。

第1回は10月26日、第2回は、11月22日に実施。アーカイブを配信済みです。

イベント概要

▲必要なプロンプトは別途ドキュメントで提供します

グラビアカメラマンが教える、生成AIグラビア実践ワークショップ 申し込みはこちら(Peatix)

YouTube広告を16倍速であっという間に終わらせるChrome拡張が公開、広告ブロック警告を回避

AIで「普通のおじさん」を生成したフェイク新聞の作り方。そこから考える「普通」への疑い

現実の魔法具、iPhoneサイズの立体映像装置「Looking Glass Go」。2台も買って何をするのか(CloseBox)

© TechnoEgde