小島監督の新作『OD』発表。Xboxクラウド技術活用の「全く新しいメディア」、ジョーダン・ピール監督ほかクリエーターとコラボ

小島監督の新作『OD』発表。Xboxクラウド技術活用の「全く新しいメディア」、ジョーダン・ピール監督ほかクリエーターとコラボ

他の写真を見る

小島監督こと小島秀夫氏は、ビデオゲームの祭典「The Game Awards 2023」(TGA2023)の壇上で、新作ゲーム『OD」を開発中だと明らかにしました。

レゴとフォートナイトが合体「レゴ フォートナイト」12月7日開始。サバイバルとクラフトのオープンワールドゲーム

ソフィア・リリス(『ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り』)やハンター・シェイファー(『ユーフォリア』)、ウド・キア(『『悪魔のはらわた』)を起用し、すでに予告トレーラーも公開しています。

異色ホラー映画『NOPE』や『ゲット・アウト』『US』で知られるジョーダン・ピール監督も小島監督と共に登壇し、「OD」開発でパートナーシップを締結したと明らかに。

ピール氏は「メタルギアソリッド」をプレイして育ったと語りつつ小島監督にリスペクトを示し「この男がここで作り上げようとしているものは、他のどんなゲームとも違う」とも語っています。

また、今作は様々なストーリーテラーをパートナーに迎え(小島監督は「アベンジャーズ」と表現)、それぞれの恐怖を描くと発表しています。

小島監督は「OD」発表に際し、公式リリースで「私たちはXbox Game Studiosと協力し、Xboxクラウド技術を用いた、非常にユニークで没入感のある、全く新しいスタイルのゲーム、いや ”新しいメディア” の創造に挑戦しています。この作品はゲームであり、同時に映画でもあるのです」とコメントしています

すなわち「OD」は、小島監督の率いるコジマプロダクションとXbox Game Studiosとの共同開発。両社がXboxクラウドゲーミング技術を使った新作に取り組んでいることは、昨年6月のXBOX & BETHESDA GAMES SHOWCASE 2022にて発表済みです。

ただし、その場で小島監督は「まったく新しいゲーム」「ずっと作りたかったもの」とぼかした説明をするだけでした。

その発表に先立ち、両社が「デス・ストランディング」のマーガレット・クアリーが主演するホラーゲーム「Overdose」(過剰摂取)開発に取り組んでいるとの噂話もありました。なお、今回のティザー動画にはクアリーの姿はありません。

また、かつて小島監督はGoogle Stadiaとクラウドネイティブなゲーム開発に取り組んでいたものの、そちらが破談となり、マイクロソフトと再交渉したとのリーク情報も伝えられています。Googleと小島監督の間には、色々あった可能性があります。

小島監督は「僕は誰もがやったことがない斬新なことに挑戦することが非常に大好き」「これはもちろんゲームですが、ある種の映画でもあって、新しいメディアになるかもしれない可能性を秘めたものです」と抱負を語っています。

「OD」はホラーゲームになる模様ですが、小島監督が手がけながら短期間だけPS4向けに配信された『P.T.』の精神的な継承作品になるのかもしれません。

次世代Nintendo Switchは2024年9月24日発売のうわさが流れる。信憑性は不明

任天堂、社員や客への脅迫受けNintendo Live 2024 TOKYO開催中止 「スプラトゥーン甲子園 2023 全国決勝大会」他は延期

SteamでThe Game Awardsセール、GOTY候補や歴代受賞作が対象。アワードは12月8日朝9時から

© TechnoEgde