Windows 11メモ帳、ついに文字数カウント機能が追加。Windows Insider向け提供開始

Image:Microsoft

マイクロソフトはここ数年、Windows 11の標準メモ帳アプリ(Notepad.exe)を徐々に改良してきました。今年初めのWindows 11 H2向け大型更新でも、タブ機能が追加されて注目を集めていました。

手のひら立体映像装置「Looking Glass Go」超早割が9日22時までに延長、3万8000円で買えます

それに続き、ついに一部で熱望された文字数カウント機能の提供を開始しました。

これは先行テストプログラムWindows InsiderのCanaryおよびDevチャネルを通じてリリースされたもの(バージョン11.2311.29.0)。ただし、いずれのチャネルも早い段階でのプレビューとなっており、ここでテストした新機能をそのまま製品版に導入するとは限りません。

最新バージョンでは、テキストを選択すると、ステータスバー上に選択したテキストと文書全体の文字数が表示されます。テキストを選択していない場合は、文書全体の文字数のみ表示となります。

この新機能は、9月の自動保存オプション追加に続くもの。こちらも、今のところWindows Insider向けとなっています。

メモ帳だけで文字数カウントをしたい、そのためだけにWordを開きたくないという欲求は、長らく一部の人々(主にライター)が抱いていたものです。大抵のサードパーティ製テキストエディタにも備わっている機能ですが、設定メニュー奥深くにあるオプションを探すことが必要な場合もあります。

これら機能はあくまでテスト中であり、例によってマイクロソフトが仕様を変更する、結局は実装しない可能性もあります。

マイクロソフトは無料ワープロソフトWordPadを将来的に削除する予定であり、今後プレーンテキスト編集にはメモ帳を使うよう推奨しています。そのためにも、メモ帳の機能拡充を急いでいるのかもしれません。

Google Pixel向け12月Feature Drop発表。動画ブーストやっと提供、Pixel 8 Proは初のGemini Nano対応スマホに

12.9インチiPad Airと有機EL版iPad Proは2024年3月末発売?第3世代Apple Pencil同時登場も

スマホサイズの裸眼3Dディスプレイ「Looking Glass Go」3万8000円で予約受付開始。動くAIキャラと雑談も可能

© TechnoEgde