「日本から学ぶ必要はない」元中国代表MFの発言が母国で物議!「生徒の勉強の邪魔をする教師がいるか!」「スペインとドイツに勝ったのに?」【2023総集編】

今年も残すところ1か月を切った。本稿では、2023年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、元中国代表戦士の日本サッカーに関する発言と取り上げた記事を再掲する。

記事初掲載:2023年1月27日

―――◆――◆―――

元中国代表MFのシュー・リャン氏の発言が物議を醸している。

中国のポータルサイト『捜狐』やウェブサイト『懂球帝』によれば、シュー・リャン氏は1月25日、自身のSNSに動画を投稿。次のように語った。

「日本から学ぶ必要はない。自分たちのやり方に従うまでだ」

2018年に現役を引退した41歳は、「すべての場所には独自のものがある。他人から全てを学ぶのは適切ではない。私たちには独自の特徴がある。私たちに合った方法を見つけなければならない」と述べている。

この発言に中国のファンからは、次のような声があがった。

「日本はスペインとドイツに勝ったのに?」
「生徒の勉強の邪魔をする教師がいるか!」
「日本から学びたくないのならそれでいいが、問題はこの人が知識を持っていないことだ」
「この人たちでは中国サッカーはうまくいかない」
「中国のサッカーは腐敗しているじゃないか」
「盲目的な学習は本当に役に立たない。中国は実際の状況に合った道を歩む必要がある。日本のモデルはほとんど実現不可能だ」
「この人の名言『日本は15人でもスペインには勝てない』」

中国の「独自の特徴」自体に問題があると考えるファンが、少なくないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

© 日本スポーツ企画出版社