パレスチナ財務相、パレスチナ問題解決に向けた中国の役割を期待

パレスチナ財務相、パレスチナ問題解決に向けた中国の役割を期待

 【新華社ラマラ12月8日】パレスチナのビシャラ財務相は5日、パレスチナ問題の公正かつ包括的な解決に向け、中国がより大きな役割を発揮することを歓迎し、期待すると表明した。

 中国在パレスチナ事務所の曽継新(そう・けいしん)主任は同日、ビシャラ氏と中国政府のパレスチナ政府に対する資金援助の受け渡し証書に署名した。ビシャラ氏はパレスチナ政府を代表して、中国の「雪中に炭を送る」援助に心からの謝意を表明。中国がパレスチナの人々の正義の事業を一貫して固く支持し、国際的な場でパレスチナのために正義を主張して、公正な発言をすることを高く称賛した。

 曽氏は、中国がこのほど「パレスチナ・イスラエル衝突に関する中国の立場」と題する文書を発表し、衝突終結に向け包括的かつ総合的で実行可能な案を提起したと表明。中国はこれまで通り、全面的な停戦、民間人の確実な保護、人道支援の確保、外交的な仲介の強化、「2国家解決案」を通じた政治的解決の追求に向け、たゆまぬ努力をしていきたいと語った。(記者/柳偉建)

 

© 新華社