トヨタ ヴォクシー G'sはミニバンだからこそワクワクするクルマを目指していた【10年ひと昔の新車】

2010年4月、2代目ノア/ヴォクシーにマイナーチェンジが施された際に、スポーツコンバージョンモデル 「G SPORTS」(通称G's)が登場して大きな話題となった。トヨタのモータースポーツ活動を行う「GAZOO Racing(ガズー レーシング)」がクルマの味づくりに取り組んだコンプリートカーで、現在のGRシリーズにつながる画期的なモデルだった。Motor Magazine誌ではその登場時、早速、試乗テストを行っている。今回はこの時の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2010年10月号より)

TOYOTA GAZOO Racingのテストドライバーがチューニング

“G's”は、走ることの楽しさや自分だけのクルマを所有することに対して強いこだわりを持つユーザーに向けて、“意のままに操る喜びを”というコンセプトを打ち出した、新しいスポーツコンバージョン車シリーズの名称である。そしてその第一弾に選ばれたのが、ヴォクシー/ノアである。トータルチューニングは、トヨタが活動を行う「GAZOO Racing(ガズー レーシング)」のテストドライバーが実施したとのこと。

ボディは、フロントドア開口部やフロアに施されるスポット溶接の個所を標準モデルよりも増強。ボディのねじれを小さくすることで、ハンドル操作に対してよりダイレクトなクルマの動きを実現するのが狙いである。そして専用チューニングのスプリング/ショックアブソーバ、専用デザインの前後バンパーおよびグリル、左右デュアル出しのスポーツマフラーを装着。専用のシート表皮、本革巻きステアリングとシフトノブの赤いステッチ、センタークラスター/ステアリングスイッチベゼルなどに施されたピアノブラック加飾などもG'sの特徴である。

また、よりスポーツイメージを強化した仕様が「G's Version EDGE(バージョン エッジ)」である。G'sの仕様に加えて、ボディそのものの振動を吸収して上質な走り味を実現するヤマハ製の「パフォーマンスダンパー」をフロントサスペンションメンバー後ろに装備。アンダーボディの剛性を向上させる補強ブレースを前後に装着、床下の空気抵抗を減らして走行安定性を高める整流パーツのスパッツをフロントバンパー後部、フロントホイールハウス前後、リアホイールハウス前部などに備える。専用デザインのアルミホイール(7J×18)とブリヂストン製ポテンザRE050タイヤ(215/45R18)、専用のスポーツブレーキパッドも装着される。

ヴォクシー ZS G's。エクステリアは専用デザインの前後バンパーおよびグリル、左右デュアル出しのスポーツマフラーを装着。ボディサイドの専用ストライプは全モデルオプション。

ミニバンであることを意識させない上質な乗り心地

まずG's バージョンエッジに乗る。パワートレーンはノーマルで、スポーツマフラー装着とはいえ、抑えが効いたおだやかな音だ。

まず「いいな」と感じたのは、その乗り味だ。しっかりとふんばりが効いたサスペンションは、街中での乗り心地は硬めだが悪くない。大きくハンドルを操作したときのボディの動きも、自然な一体感を味わわせてくれて好印象だ。

高速道路のゲートを過ぎ、合流のためにフル加速。やはりこのCVT独特の加速感には慣れが必要だ。あらかじめ定められたステップ比で加速していくような設定も欲しいところだ。

アップダウンのきついワインディング路を走ってみると、右コーナーから左コーナーへの切り返しといった状況でも、ボディの揺れ返しがうまく抑えられている。ただし専用スポーツブレーキパッド装備とはいえ、ディスクローターやキャリパーなどはノーマルのままなので、その辺はきちんと意識する必要がある。

ハンドルのセンター付近の反応と、そこから切り増していったときの反応の感触が違う点はやや気になった。センター付近での微小舵角への反応はマイルドなのだが、少し切り込んでいくとそこからグッと反応が強くなる印象だ。ボディがしっかりとしている分、タイヤそのものの特徴がより明確に伝わってくる感じだ。

次にG'sに乗り換える。バージョンエッジとはボディ剛性が異なるので、サスペンションの設定もG's専用とのこと。オプション設定の18インチホイール&タイヤ(バージョンエッジのものと同じ)を装着しているが、走らせた印象ではやはりG'sにはマイルド感がある。ピシッとした中に、適度なゆるさもあるといった感じだ。だから、日常的な街乗りが多いという使い方なら、こちらの方が突出したところがなくてバランスとしてはいい感じだ。操舵時の感触が変わる印象も、G'sではほとんど気にならなかった。

G'sシリーズは、共感できるスポーティかつ快適な走りの楽しさが表現された存在だった。(文:Motor Magazine編集部 香高和仁/写真:永元秀和)

インテリアも専用のシート表皮、本革巻きステアリングとシフトノブの赤いステッチ、ピアノブラック加飾などが施される。

トヨタ ヴォクシー ZS G's 8人乗り 主要諸元

●全長×全幅×全高:4640×1720×1820mm
●ホイールベース:2825mm
●車両重量:1610kg
●エンジン:直4DOHC
●排気量:1986cc
●最高出力:116kW(158ps)/6200rpm
●最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4400rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:FF
●車両価格:280万5000円(2010年当時)

© 株式会社モーターマガジン社