ドバイで「COP28」に寄与する中国製EV―中国メディア

COP28がドバイで開幕して以来、海格やBYDなど中国ブランドの電気自動車が本会議にシャトルバスサービスを提供している。

「国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)」がアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開幕して以来、海格や比亜迪(BYD)など中国ブランドの電気自動車(EV)が本会議にシャトルバスサービスを提供している。新華網が伝えた。

このほか、広東緑通新能源電動車科技(広東緑通)製電動カート約50台が、会議の「グリーンエリア」で送迎サービスを実施している。これらの電気自動車が会議の美しい景観の一部となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

© 株式会社 Record China