【ひみちゅ。きかせて】イマドキ園児の本音~パパ・ママに"もの申す" 歯磨きの後にガムを食べたのはママのせい…深夜に目撃したのはお父さんの秘密

大人には想像もつかない、イマドキの子どもたちの頭の中。その中をちょっと覗き見できたら、大人と子どもの距離はギュッと縮まるかも。札幌市西区の発寒そらいろ保育園園児にインタビューし、"ひみちゅ"を聞かせてもらいました。どんな"ひみちゅ"が聞けるかな?(聞き手・千須和侑里子)

お菓子が大好物のひめのちゃんがママに”もの申す”

甘いもの大好き!ママにもの申す

―ひめのちゃんの”ひみちゅ”聞かせて「あのね、ヨルハミシタアトニガムタベタカラ」―歯磨きをした後に、ガムを食べた?「あのぶどう味の甘いやつ」

だってママが…

―美味しいよね。どうしてガム食べた?「あのね、だってママがね、夜歯磨きする前に『食べていいよ』っていうのを忘れてた」―そっか。お母さんはどうして歯磨きのあとガムは駄目よって言うんだろう?「虫歯になるから」ひめのちゃん、これからは朝・昼に食べて、歯磨きできたらいいね。

あきひさくんが深夜に目撃した”ある事件”とは?

深夜で目撃したある事件とは…

―あきひさくんのひみちゅ、聞かせて「おとうさん、よるにさ、スマホでYouTubeみてる」―いつ目撃したの?「ぼく5歳のとき(現在6歳)」―すごいね、なんで気づいたの。「うるさいから。寝るところで」

夜のYouTubeみたらダメ!

―お父さんどんなYouTube見てたかわかった?「ゲームの」―お父さんに伝えたいことは?「もう言ったから、もう大丈夫かなって思ってるよ」最後にあきひさくんからお父さんに一言。「夜のYouTubeみたらダメ」ひめのちゃん、あきひさくん、ありがとう。

© 北海道文化放送株式会社