「日本に続いて韓国まで脱落」 “64年ぶりの夢”破れ母国メディア悲観「中東諸国に阻まれた」

韓国は準決勝でヨルダンに敗れた【写真:ロイター】

韓国は準決勝でヨルダンに敗れ、64年ぶりの優勝への夢は潰えた

韓国代表は2月6日、アジアカップ準決勝でヨルダン代表と対戦し0-2で敗戦。ベスト4敗退となったチームについて母国メディアは「日本敗退に続いて、韓国まで脱落」と驚きをもって報じている。

韓国とヨルダンは、グループリーグでも対戦しており2-2ドローだった。決勝トーナメントで迎えた再戦で、先手を奪ったのはE組を3位で通過したヨルダン。後半8分、FWヤザン・アル・ナイマットがゴールを奪うと、後半21分に追加点をゲットする。

2点ビハインドを負った韓国も攻撃の圧を強めるがネットを揺らすまでに至らず。後半43分にはFWチョ・ギュソンが相手ペナルティーエリア内で倒れるも、判定はシミュレーション。チョ・ギュソンへのイエローカードが提示された。試合はそのまま0-2で敗れた韓国がベスト4で姿を消し、64年ぶりの優勝への夢は潰えている。

韓国メディア「mydaily」は「日本敗退に続いて、韓国まで脱落」と敗退を報道。「強豪と目されていた韓国、日本、オーストラリアが決勝に進めず、中東諸国に頂点制覇は阻まれた」と、アジアの勢力変化を伝えている。

日本代表は準々決勝で中東・イラン代表相手に苦戦。1-2で涙を飲んだ。続けて敗退が決定した韓国について「mydaily」は「予想以下のパフォーマンスを見せたチームは、無気力な敗戦を喫した。致命的なパスミスで失点を献上し、効果的なシュートを記録することなく敗れた」と嘆いている。

「準決勝に進出した4チームのうち3チームが中東諸国。ヨルダン、カタール、イラン、そして残ったのは韓国だけだった。しかし、その韓国も準決勝ではヨルダンに阻まれ、“中東の饗宴”を阻むことはできなかった」

また韓国と中東チームの今大会勝敗データも紹介。「中東のチームとは6試合中4回対戦。中東チームとの対戦成績は1勝2分け1敗、6得点6失点」だったという。「今回も“中東の宴”が開かれた」と、独特の表現で中東勢の躍進を報じていた。(FOOTBALL ZONE編集部)

© 株式会社Creative2